参列者の葬儀マナー

葬儀の参列者が用意するもの

葬儀の参列者が用意するものの写真

香典袋は、黒と白、または双銀の結び切りを選びます。仏教徒の場合は蓮の花、キリスト教の場合はユリや十字架がプリントされたものを使用しても構いません。宗教によって表書きは異なりますが、基本的には「御霊前」でOKです。数珠が必要なのは仏教の場合のみです。数珠も宗派によって厳密に異なります。しかし、宗教者(僧侶関係者)でもない限り、求められることはほとんどありません。手元にある数珠で十分です。実家に置いてきてしまって、手元にない!」ということはありません。そんな時は、100円ショップで購入することができます。葬儀社によっては、数珠を販売しているところもあります。どうしても手に入らない場合は、葬儀場のスタッフに聞いてみるといいでしょう。また、自分自身がクリスチャンで、ロザリオを持っている場合は、ロザリオを持参すると良いでしょう。キリスト教でない場合や、宗教がキリスト教でない場合は、ロザリオを持参する必要はありません。相手の宗教がわからない場合は、数珠を持っていき、状況に応じてお供えすると良いでしょう。ハンカチは清潔感のあるものを選びましょう。白などのハンカチが好ましいです。これらのアイテムを持ち運ぶには、黒のハンドバッグが望ましいです。留め具のないバッグが適切です。蛇皮など生死をイメージさせるようなものは避けましょう。葬儀にパールのアクセサリーを身につける方も多いですが、身につけない場合は失礼にあたりません。アクセサリーを身につける場合は、「涙の雫」を表す真珠と言われています。また、結婚指輪を身に着けていても構いませんが、必須ではありません。真珠を使用する場合は、必ず一連のものを使用し、二連以上のネックレスは不幸を招くため嫌われます。