参列者の葬儀マナー

参列者の作法

参列者の作法の写真

仏式の葬儀では、焼香をします。焼香のスタイルは、会場の広さや参列者の人数によっても異なりますが、現在では立礼焼香が主流となっています。焼香の手順は、仏壇の前に進み、仏壇の前で手を合わせ、香典を拾って香炉に落とし、仏壇の前で手を合わせ、二歩下がって遺族に一礼し、席に戻るのが一般的です。同じ仏教でも、焼香の仕方には違いがあります。例えば、浄土真宗では額に抹茶を置かず、一度だけ焼香します。一方、真言宗では、お供え物をした後に3回焼香します。しかし、この儀式の詳細を一般の人が理解するのは難しい。遺族や親族のやり方に従えば十分です。通夜でも葬儀でも告別式でも、葬儀社のスタッフがきちんと案内してくれるはずなので、式に戸惑うことはあまりありません。焼香については、通夜と葬儀・告別式の違いはありません。お通夜の場合は、通夜供養を用意することがあります。これは遺族や親族の控室で行われることが多く、故人を偲んで飲食をする時間です。指示があった場合は、飲食物を一口飲んで参加するようにしましょう。遺族や親族に引き留められない限り長居はしないようにし、ある程度の時間が経過したら退場するようにしましょう。故人の供養ではありますが、遺族への感謝の気持ちを忘れないようにしてください。深い酩酊状態は許されませんので、いつも以上に自制心を持って飲食してください。葬儀・告別式は、一般の方にとって故人との最後のお別れの場です。棺に花を詰めて見送り、案内があれば一般の方も参列することができます。この辺りは葬儀社や遺族の希望にもよりますが、基本的には遺族や親族だけが参加することになります。ただし、希望者がいれば基本的には全員が参加することができますが、希望しない場合は葬儀社の担当者が案内してくれるので、ボランティアで参加することをお勧めします。ただし、焼香と同様に全員に強制されるわけではないので、扱いが異なります。基本的には案内に従うのが一番です。一般の方が火葬場に参列することは基本的にありません。しかし、故人の遺族からの誘いがあれば、一緒に行くようにしましょう。仕事関係者の場合は、葬儀の際に名刺を提示して自分の立場を明確にしておく必要があります。この場合は、名刺の左端を内側に曲げてから出すようにしましょう。または、名刺にお悔やみの言葉を入れておきましょう。名刺を渡す際には、身元が伝わりますが、芳名帳に名前を書いてくださいと言われた場合は、芳名帳にも書いておきましょう。取引先の方が亡くなったという知らせを受けたら、まずは会社に電話をしてお悔やみの気持ちを伝え、適切な部署に報告しましょう。多くの会社では、取引先が亡くなった場合の対処法をマニュアル化していることが多いので、基本的にはマニュアルに沿って行動しましょう。弔電を送ったり、代表者に参列してもらったり、供物や花を贈ったりするのが一般的です。ただし、非常に親しい関係にあった人の場合は、個人で式に参加することも可能です。また、従業員が亡くなった場合には、会社の人が受付を担当することもあります。もし声をかけられた場合は、必ずその申し出を受け入れるようにしましょう。なぜなら、会社の業務の一環だからです。香典を贈る場合は会社のルールを守るべき 香典の贈り方には様々な方法があります。会社が贈る場合もありますが、自分で親しい人に贈る場合もあります。